SDGr少女の型紙製作中・2

前回の記事で作った型紙から1回目の試作品を作りました。



パーツとパーツをサクサク縫い合わせ、途中ボディにあてて雰囲気を見ます。明らかに気になる部分は調整し、製作途中で見返しやお袖部分の型紙を作っていきます。




作り足した型紙で更に縫い合わせていきます。
ここで注意!厚みのあるシーチングで試作品を作っていますが、カフス部分のみ綿ローンを選択します。厚みで型紙のズレがでるのをふせぎたいからです。今回はブログ記事アップの為、わかりやすくリバティ生地を使ってみました(*^ー^)ノ♪


試作品が完成したらボディに着用させてチェックします。
明るいカラーの無地の生地は、ここで気になった部分を直接書き込んでいく為に選択してたのです。洗ったら落ちるタイプのチャコペンで記号メモや線を書き込みます。




栗ショ『多分これで良いかな~?』

腕の稼働確認をしつつ色々な角度からじーっと眺めて、大丈夫そうなら2回目の型紙製作に入ります。今回は1回目の型紙なのでかなり型紙の補正が入りました。毎回2~4回この作業を繰り返しています。
SDGr少女の型紙製作中・3 | Home | SDGr少女の型紙製作中・1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する