ボンネットの刺繍

SDサイズのドレスセット、ネックレスの次はボンネットの製作に入りました。


身頃に使用したシルクの混合シャンタン、生地のはりや光沢、シワになりにくいなどかなりお気に入りの布をチョキチョキ!
バックスタイルのポイントに毎回刺繍をしているのですが、今回はその工程を載せたいと思います。





まずは画像左から、模様がよれるのをふせぐ為裏側に接着芯をくっつけます。おおよそのバランスを見て下書き、刺繍の中心にくるお花を書いてから細々と広げていきます。


右側、さっそく葉っぱから刺繍糸を刺していきます。刺繍糸は6本でまとまっていますがドールの刺繍を綺麗に刺すなら1本がオススメかな、私は普通に刺すのは1本、巻きのバリオンステッチの時には2本でチクチクとしています。今回中心のお花をリボン刺繍でふんわりさせたかったので、お花に負けないふんわり感になるように葉っぱの幅は詰めて刺しました。小さくて見えにくいですが立体感がでました。






画像左側、中心のまわりにあるお花を刺していきます。バランス感覚は多少気をつける程度、糸の歪みがないように慎重に作業します。


画像右側、中央のお花をリボン刺繍でつくります。
縫い糸で奇数になるように軸を作り、そこにシルクリボンをぐるぐる通していくと画像のようにお花の形になります。今回はまわりをふんわりさせたかったので外周2~3巻きはシルクリボンとチュールをMixしてみました。




これで刺繍部分は完成です(^_^)

ボンネットに縫っていく工程でビーズやスパンコール、布花など飾っていくので雰囲気が伝わればいいなぁとまわりに配置してみましたがどうでしょうか?私的には優しい色になったんじゃないかなぁ~と思ってます。 にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ にほんブログ村
彼岸花の意外な花言葉 | Home | ボークスニュース Vol.75

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する